君津支部トップへ

6月14日に君津支部事務職員部定期総会を開催します。

2011年度のとりくみは定期総会後に掲載します。


2010年度君津支部事務職員部活動経過

年月日

曜日

             

      

2010/4/27

第1回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/5/21

第1回支部事務職員部学習会(新組合員オリエンテーション)

君津教育会館

2010/5/25

第2回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/6/8

支部事務職員部定期総会

君津教育会館

2010/6/16

千教組事務職員部定期大会代議員打合せ

君津教育会館

2010/6/19

第43回千教組事務職員部定期大会

千葉県教育会館

2010/6/22

第2回支部事務職員部学習会(若年層組合員対象)

君津教育会館

2010/7/13

第3回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/7/22

第3回支部事務職員部学習会

君津教育会館

2010/8/7

第51次日教組全国学校事務研究集会

新潟県南魚沼郡湯沢町沢町

2010/8/8

第51次日教組全国学校事務研究集会

新潟県南魚沼郡湯沢町沢町

2010/8/9

第51次日教組全国学校事務研究集会

新潟県南魚沼郡湯沢町沢町

2010/8/21

千教組事務職員部学習会

千葉県教育会館

2010/9/14

第4回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/9/24

第60次支部教育研究集会

2010/9/25

第60次支部教育研究集会

2010/10/12

第5回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/10/16

安房・君津・市原市支部事務職員部交流会

南房総市

2010/10/16

支部事務職員部レクリエーション

南房総市

2010/11/9

第6回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2010/11/16

第4回支部事務職員部学習会

君津教育会館

2011/1/25

第7回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2011/2/22

第8回支部事務職員部役員会

君津教育会館

2011/2/   

 

日教組関東地区協議会第35回学校事務研究集会

長野県

先頭へ

 

支部事務職員部第1回学習会 521()君津教育会館

 新規採用者、他支部からの転入者の2名を対象に学習会を実施しました。千教組事務職員部発行の2010年度版「Join Us!!」や、組合員手帳、マカセテ帳を使い、組合の組織や活動、君津支部独自の福利厚生について学習をしました。学習会の後は、お茶を飲みながら親睦を深めました。

 

先頭へ

君津支部事務職員部定期総会 68()君津教育会館

 千教組事務職員部長にご臨席をいただき、71名の出席者のもと君津支部事務職員部定期総会を開催しました。

 2009年度一般経過報告に対し、「義務教育費国庫負担制度について事業仕分けにより『制度の見直しを行う』となったが、仕分けの中で『事務・栄養職員定数はIT化』という意見が出たことに対し、今後人員削減につながらないように。」という意見を頂きました。

 2010年度運動方針については、組織強化への具体的なとりくみ、新しい職「主幹教諭」の配置による事務職員への影響、定数内臨時採用の解消へのとりくみ等についてたくさんの質問・意見を頂きました。特に、組織強化については、「今の状況があるのは組合のおかげであることを忘れずにいて欲しい。仲間を大切にし、みんなで組織率100%をめざそう!」という力強い意見を頂きました。

 この定期総会で、2010年度の君津支部事務職員部の運動方針が決定しました。組合運動は組合員一人ひとりの力がとても重要です。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。また、総会後に開催した懇親会にも来賓を含め、たくさんの方が遅くまで参加してくださり本当にありがとうございました。

 

 

 

先頭へ

2010年度 君津支部事務職員部運動方針

【運動の重点】

(1)  君津支部事務職員部組織率100%をめざします。

(2)  学習会および情宣活動の充実により,組織の強化を図ります。

(3)  学校事務の機能強化にむけ,事務職員制度の確立をすすめます。

(4)  義務教育費国庫負担制度の堅持にむけてとりくみます。

(5)  生活を守るため,基本賃金と諸手当の改善にむけたとりくみを強めます。

(6)  正規事務職員の全校配置,複数配置基準の引き下げにむけてとりくみます。

(7)  代替職員の完全配置を要求します。

(8)  旅費システムの改善を要求します。

 

【具体的な運動の進め方】

1.組織強化・拡大のとりくみ

(1)  支部の総力を挙げ,組織離脱者の復帰にむけてとりくみます。

(2)  新規採用者,支部外・県立学校等からの転入者全員の加入にむけてとりくみます。

(3)  情宣紙「INFORMATION」の発行や・支部ホームページの充実を図り,事務職員部運動の理解を深める情宣活動にとりくみます。

(4)  地区連絡協議会における,他支部との連携強化と協力体制の構築を図り,教育事務所交渉等のとりくみをすすめます。

(5)  地区連絡協議会に事務職員部組織を整備し,事務職員部の活動の活性化を図ります。

(6)  日教組・千教組事務職員部が主催する研究集会・学習会には積極的に参加し,他支部との交流を深め,千教組事務職員部並びに支部事務職員部の組織を強化します。

(7)  臨時採用事務職員の組合加入を積極的に行います。

(8)  事務職員部の要求が反映されるよう,支部書記局との連携を図り,定期大会・サマーセミナー等に積極的に参加します。

 

2.事務職員制度の確立のとりくみ

(1)  千教組事務職員部とともに事務職員制度の確立にむけてとりくみます。

(2)  「学校事務職員の標準的職務」について,各市で定着を図ります。さらに学校事務部門の機能が発揮されるよう,管理規則等への規定化にむけたとりくみをすすめます。

(3)  子どもの学習権の保障や教育条件整備をはじめとした,児童・生徒の教育活動を支援するための学校配置を基本とする共同実施を推進します。

(4)  学校事務の機能強化につながるよう,共同実施組織への「省令事務長」の配置にむけてとりくみます。

(5)  「業績評価」について,反対のとりくみを強化します。

(6)  「主幹教諭」の配置により,事務職員の職務確立に問題が生じないようとりくみます。

 

3.義務教育費国庫負担制度を堅持するとりくみ

(1)  義務教育費国庫負担制度の堅持・国負担率2分の1への復元・事務職員への制度適用堅持にむけてとりくみます。

(2)  支部内の各市議会においては,早期の意見書採択に向けて支部とともに強力に運動をすすめます。

(3)  日教組・千教組・支部のとりくみには積極的に参加し,組織の総力を挙げて結集できるよう体制を整えます。

(4)  「子どもたちの豊かな育ちと学びを支援する教育関係団体千葉県連絡会」(子ども支援千葉県連絡会)が提起する行動には支部とともに積極的にとりくみます。

 

4.賃金改善をすすめるとりくみ

(1)  基本賃金と諸手当の改善にむけ,日教組・千教組・支部と一体となって積極的にとりくみます。

(2)  千教組事務職員部とともに,各級の昇任・昇格改善にむけてとりくみます。

(3)  昇任・昇格時の点検活動にとりくみ,教育事務所等との交渉をすすめます。

(4)  「業績評価」については動向を注視し,今後,賃金・人事に連動されないよう支部とともに反対のとりくみを強化します。

(5)  時間外勤務手当の予算確保と,実績分の完全支給を要求します。

 

5.事務職員定数改善と教育条件を整備するとりくみ

(1)  正規事務職員の全校配置を強く要求し,一人ひとりの子どもにゆきとどいた教育の実現にむけてとりくみます。また,定員配置基準において,すべての本校に学校事務職員が配置されるようとりくみを強化します。

(2)  大規模校への複数配置基準の引き下げを要求します。

(3)  定数内臨時採用の解消を強く要求します。

(4)  休暇等補助事務職員制度の堅持・充実にむけてとりくみをすすめます。

(5)  各地区においては親組合・女性部・青年部・専門部と連帯し,教育長と語る会の要望に積極的にとりくみ,教育条件の整備をすすめます。

(6)  支部とともに千教組教育予算改善プロジェクト委員会に参加し,教育予算拡充のとりくみをすすめます。

 

6.労働条件改善のとりくみ

(1)  産休・育休代替職員の完全配置,療養休暇者の代替職員の完全配置を要求します。

(2)  旅費システムの問題点を把握し,改善を要求します。

(3)  対外行事・各種調査の見直し,事務処理の簡素化を要求し,多忙解消にむけてとりくみます。

(4)  休暇等補助事務職員の派遣申請手続きが明確になるよう要求します。また,休暇等補助事務職員が安心して職務に専念できるようとりくみます。

(5)  人事については,本人の希望と承諾を前提とし,旧出張所を超える異動が行われないよう支部とともに教育事務所・地教委にはたらきかけます。

(6)  安心して働ける職場づくりをめざして,労働安全衛生体制の整備を親組合とともに市町村教委へ要求します。

(7)  共同実施組織が機能される事務職員配置を行うよう要求します。

(8)  県立学校等への異動は,事前に十分な説明と同意を得るよう求めます。

(9)  「育児短時間勤務制度」「主幹教諭に係る給与支給」「へき地手当保障者」における給与計算のシステム対応を要求します。

 

7.研究・学習を強化するとりくみ

(1)  諸問題の解決,事務職員部運動の前進のための学習会を開催し,事務職員部運動がより活性化されるようとりくみます。

(2)  「日教組事務職員部50年史・60年史」「千教組事務職員部定期大会議案書」等をもとに,事務職員部運動の成果・歴史等の学習を深め,事務職員部運動の理解を深めるとりくみをすすめます。

(3)  日教組・千教組事務職員部が主催する研究集会・学習会には積極的に参加し,学習を深め,環流活動に努めます。

(4)  千教組・支部事務職員部運動を組合員に正しく迅速に伝達し,事務職員部運動を定着させる情宣活動にとりくみます。

(5)  実践的力量を高め,日常実践と直結した教育研究活動をすすめるために,研究団体と連携した教研活動を推進します。

(6)  労働基本権の確立にむけて,自律的労使関係制度の措置としての労働協約締結権やILO勧告について学習をすすめます。

 

先頭へ

第43回千教組事務職員部定期大会 619()県教育会館

 第43回千教組定期大会が行われ、君津支部から代議員として17名が参加しました。詳しくは君津支部事務職員部報「INFORMATION」、千教組事務職員部報「羅針盤」、千教組事務職員部ホームページをご覧ください。

 



第2回支部事務職員部学習会 6月22日(火)君津教育会館

 組合経験3年程度の組合員9人を対象に千教組事務職員部の常任委員を講師に迎え学習会を実施しました。
 常任委員からは「事務職員部の組合活動について」どのような活動をしているのか、各調査物は何のために活用しているのか、という事務職員部運動の基本的なことについてお話を伺いました。続いて、各地区部長から運動方針、教育長と語る会に向けたとりくみについて報告がありました。グループに分かれての懇談では、日頃の問題・疑問などについて話し合いました。和やかな雰囲気の中で有意義な学習の時間になりました。 


   先頭へ

第3回支部事務職員部学習会 7月22日(木)君津教育会館

 前半は、各地区学習会を行いました。「教育長と語る会」に向けて、要望事項の確認を中心に各地区の計画により学習を深めました。
 全体学習会では、君津支部からの参加者69名に加え、今年度は市原市支部・安房支部にも参加を呼び掛け、総勢86名参加のもと、前日教組事務研推進委員長から「事務職員部運動の歴史ととりくみの経過」について講演をいただきました。
 「今では当たり前のようになっている、学校事務職員の全校配置や産休・育休などの制度は、先輩方の地道で粘り強いとりくみのおかげで勝ち取ったものである。組合活動がなかったら今の私たちの職・居場所が無くなっていたかもしれない。」と、長年組合活動に深く携わっていらっしゃった先生からの熱のこもったお話をいただきました。お話の中で「現状を当たり前だと思わないで欲しい。今があるのは先輩達のとりくみのおかげであることを忘れないで欲しい。現状を改善するために、『今の自分に関係ない』と思わないで後輩のためにも組合活動に取り組んで欲しい。」という言葉が大変印象に残りました。

 

   支部事務職員部懇親会 7月22日(木) 木更津富士屋 季眺

 学習会終了後は、「庭園ビアガーデン」で懇親会を開催しました。連日の猛暑の中、屋外での開催で暑さを心配しましたが、開始時刻近くになると心地よい風が吹いてきてホッとしました。来賓の方々を含め56名と多くの方にご参加いただき、大いに飲んで、食べて、語って楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

先頭へ


  第51次日教組全国事務研究集会 8月7〜9日 新潟県南魚沼郡湯沢町

  8月7日(金)〜9日(日)に湯沢町で行われた全国研究集会に、君津支部より5名が参加させていただきました。
  到着した夜、全体交流会に参加しました。交流会では全国からたくさんの人が参加してその迫力に圧倒されていましたが、新潟県に関する○×クイズのコーナーでは、我々のテーブルはなんと商品の「魚沼産コシヒカリ」をゲットすることができました。
  8日、開会行事の後、衆議院議員 福田衣里子 氏より「命をつなぐ政治を」という演題で講演が行われました。
  C型肝炎訴訟の原告団として実名公表をしての運動、衆議院議員になるまでの課程を振り返り、「今できることは今やっておこう。明日やろうでは後悔するかもしれない。当たり前に頑張っている人たちが報われる健全な世の中をつくっていきたい。」そう語り講演を結びました。
  8日の午後から9日にかけては6つの分科会に分かれて研究討議が行われました。

 

新潟のおいしいお米と日本酒

  

 

先頭へ



 千教組事務職員部学習会 8月21日(土) 県教育会館

  猛暑厳しい中、君津支部より9名で参加しました。午前中は日教組全国集会の報告と、日教組事務職員部長より「事務職員部運動の現状と課題」についての講演がありました。
中教審がまとめた「今後の学級編制及び教職員定数の改善について(提言)」の中で、事務処理体制の充実について「事務職員の役割が重要となっており、事務職員の定数を改善する必要がある。」など、事務職員の専門性を生かし役割発揮を期待する表現となっており、大幅な定数改善計画に向け好条件となっている。定数改善計画実現に向けて、各県・市議会へ客観的なデータを添えての訴えを行っていくことの重要性、その他「省令事務長の配置」「共同実施」等の現状についてお話がありました。
 午後からは、第1分科会「事務職員制度の確立」、第2分科会「事務職員の賃金・定数」、第3分科会「組合活動ってな〜に?」の3つの分科会に分かれて、学習を深めました。
 学習会終了後の懇親会はポートプラザに場所を移し、他支部の方々との交流を深めることができました。



先頭へ



 安房・君津・市原市支部事務職員部交流会 10月16日(土) 南房総市ふれあいスポーツセンター

  今年度は幹事支部が安房支部でしたので、南房総市で開催されました。3支部で約110名(7チーム)君津支部からは36名(3チーム)が参加しソフトバレーボールを行いました。
  結果は下記のとおりです。日頃の運動不足解消&ストレス解消にいい汗をかきました。


成績発表

1位 君津C 2位 常任委員会 3位君津B 
4位君津A 5位市原A 6位市原B 7位 安房

 君津支部事務職員部レクリエーション 10月16日(土) 南房総道楽園

  3支部交流会の後、富浦にある「南房総道楽園」に場所を移し、支部レクリエーションを実施しました。運動した後は、美味しいものを!ということで、海の幸に舌鼓を打ちました。
 食事の後は、お笑いステージ鑑賞、ショッピングと各々楽しい時間を過ごしました。


先頭へ



第4回君津支部事務職員部学習会 11月16日(火)君津教育会館

 65名の参加者のもと、千葉県教職員組合書記次長を講師を迎え「公務員の労働基本権」についてご講演をいただきました。
 「国家公務員制度改革基本法」を基に、労働協約締結権を中心とする自立的労使関係制度について、現状では交渉することはできるが、「書面」を持って協約を締結することはできないので、本来(あまりないが)県側が勝手に決めることができてしまう。しかし労働協約締結権が付与されることにより、交渉で取り決めたことは労使双方が遵守しなければならなくなる。今後の交渉では、「組織率」が重要になってくるため、組織拡大を進めていく必要がある。
 争議権については、付与されるのか制限がかかるのか、まだわからない。「公務員の労働基本権」については、まだまだ未確定な部分が多いので、日教組(県・支部)任せにせずに、疑問、意見をどんどん出して欲しい、というお話でした。
 参加者からは、「争議権が付与された場合の行使の方法、それに伴う責任」、「再任用制度の拡大に伴い事務職員では任用形態はどうなるのか。」等の、質問意見が出され、有意義な学習会となりました。


  



先頭へ







君津支部トップへ